初心者のスキー上達に欠かせないもの

スキー初心者のための上達にむけて『大切なこと』『準備するべきもの』のまとめ

>

初心者にあった道具選び

初心者におすすめのスキー板の選び方

スキー板には色々な指標があり、お店で見てみるとたくさん数字が並んでいて、「いったいどう選んだらいいのだろう」と悩まれるかと思います。
まずはショップやレンタル屋の店員さんに相談してみるのが一番かと思いますが、下記のポイントを抑えたスキー板を選ぶようにしましょう。

〇軽量なものを選ぶ
〇身長ー15センチが目安
〇形状は『ロッカー』がおすすめ

初心者の方の場合、いかに安全に楽しめるかがポイントになるので、より扱いやすい、軽めで短めの板を選びましょう。
『ロッカー』とは、板を横側から見たときに両端が浮いている形状のものをいいます。ロッカー形状は、ターンをする時に雪が引っ掛かりにくいという特徴があります。
また新雪で滑る際は、通常足が埋もれてしまいやすいのですが、ロッカー形状の場合は板を雪の上まで浮かせやすくするという効果があるため、初心者の方におすすめです。

スキーブーツ・スキーポールの選び方

スキー道具選びの中でも大事なものが『スキーブーツ』。

スキーブーツの特徴は、ブーツ全体が『シェル』という硬い樹脂で覆われており、足首全体が固定されることです。
硬すぎると歩きにくいので、初心者の方にはなるべく柔らかめで、足入れが広いものがいいでしょう。
また滑る際には、よりフィットさせるためにバックルを締め上げます。
バックルの数は大体2~4個で、数が少ないものが初心者向けとなっています。
色々試し履きをしてみて、自分にあったブーツを選びましょう!

またスキーに欠かせないものの一つに『スキーポール』があります。
スキーポールとは、スキーをする時に持つ2本の棒の事で、『ストック』とも呼ばれます。
スキーポールは、長さが自分の身長のー50センチ前後が目安とされています。
またグローブをした状態で、グリップがフィットするもの、あまり重さを感じないものを選びましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る