初心者のスキー上達に欠かせないもの

スキー初心者のための上達にむけて『大切なこと』『準備するべきもの』のまとめ

大事なことは気持ち?恐怖心をなくそう!

スキー初心者の方がなるべく早く上達する近道は、まず『人に習うこと』が大事です。 経験者の方も、まずは誰かに教わりながら始めた方がほとんどかと思います。 最近はYouTubeなどでスマホやパソコンからレッスン動画を見ることができますが、頭で考えるよりまずは体を動かして覚えましょう!

独学はNG!レッスンを受けるべき理由

スキーを初めてする時にどうしてもつきものなのが『恐怖心』!
普段の生活で滑る動作って中々することがないですものね。
「転んでしまったらケガをしてしまうかもしれない」「人とぶつかってケガをするかも、させてしまうかもしれない」と考えることは、危機管理能力としては当然のことです。
初心者の方に「怖いと思うな!」と言うのは無茶な話です。

ではまず、恐怖心を取り除くためには何をしたらよいのでしょうか?
ぜひスキー初心者の方に初めにしてほしいのが、『転び方』の練習です。
柔道でいういわゆる受け身を習う感覚で、ケガをしないために上手な転び方を身につけましょう。

手首から着地することはNGです。
基本は『足をそろえて横側に倒れる』ことです。
上半身を起こした状態で、お尻が雪面につくようにして倒れましょう。
右でも左でもOKです。
上手に着地できると、地面は雪なので痛くありません。
初めのうちはスピードをださずに、できるだけ人がいない所で練習しましょう。

転び方と合わせて立ち上がり方も練習します。
立ち上がり方の基本はスキー板が交差しているのをほどき、谷側に両足を持っていってから立ち上がります。

続いて止まり方を覚えましょう。
止まる時にはスキー板をハの字型にし、膝同士をくっつけるようにして内股になります。
膝同士を近づけるほどブレーキが強くなります。

次は方向転換してみましょう。右に行きたい場合は右に体重をのせ、左に行きたい場合は左に体重をのせます。

恐怖心の正体は『知らない事』です。
上記の基本の練習を、初心者コースでたくさん練習することで、「転ぶときはこうしたらいいのか」「もし前に人がいた場合はこうやってよければいいのか」ということがイメージできるようになります。
そうすることでやがて恐怖心を解消することができるでしょう。

初心者にあった道具選び

スキーに必要な道具といえば、スキー板ですね。 他にもスキーブーツ、スキーポール(ストック)が必要となります。 この3つの道具はスキーをするにあたって必須のアイテムとなります。 今回はこの3つの必須アイテムを、初心者の場合どのように選べばよいのかをまとめてみました。

万全に備えよう!持ち物チェックリスト

いざスキーへ出発!とその前に、いったい何を持っていけばよいのでしょうか? 初心者の方には中々想像することが難しいです。 万が一足りない場合は、現地でレンタルも可能なものがほとんどですが、レンタル代って意外と高額だったりしますよね。 忘れ物がないように、きちんと前準備をしましょう!

TOPへ戻る